play_arrowTOKYO STEPS ARTS
オフィシャルサイト
テーマパークダンサー|ダンス専門学校【TOKYO STEPS ARTS】 > ブログ > テーマパークダンサーになれた人が味わえる大きなやりがいを3つ紹介

テーマパークダンサーになれた人が味わえる大きなやりがいを3つ紹介

テーマパークダンサーになれた人が味わえる大きなやりがいを3つ紹介

 

テーマパークダンサーは多種多様なダンスを習得する必要があり、さらに自己管理も厳しく行わなければいけないなど、大変なことも多い仕事です。しかし、そのぶんテーマパークダンサーの仕事には、大きなやりがいや喜びもあります。

 

ここでは、テーマパークダンサーとして働くことで得られる大きな3つのやりがいについてご説明します。テーマパークダンサーを目指そうと考えている方は、これらのやりがいを自分のものにすることを目指して、モチベーションを上げていきましょう!

 

1. 観客の反応・盛り上がりをその場で感じながらダンスができる

 

テーマパークダンサーとして働くことで得られるやりがいの中でも、最大のやりがいと言えるのは「観客の反応」でしょう。テーマパークダンサーは観客の目の前でダンスを披露するので、ダンスをしているその場で観客のリアクションが伝わってきます。

 

「観客のボルテージが上がっていることをその場で感じられるからこそ、ダンサーもより良い気分でダンスができる」「場の盛り上がりを共有することで一体感が生まれ、より素晴らしいステージに仕上がっていく」…こういった機会を得られることは、まさにテーマパークダンサーならではのやりがいと言えるでしょう。

 

 

さまざまなジャンルのダンススキルを高められる

 

2. さまざまなジャンルのダンススキルを高められる

さまざまなジャンルのダンススキルを向上させられることは、テーマパークダンサーのやりがいのひとつです。

「テーマパークダンサーに必要不可欠なのはバレエやジャズダンス」と言われますが、実際にテーマパークで踊るのは、バレエとジャズダンスだけではありません。テーマパークダンサーには、バレエやジャズダンスの基本が身についていることはもちろん、さらに幅広いジャンルへ対応できることも求められます。

 

バレエやジャズダンスは「他のジャンル・要素のダンスを取り入れるための基礎」ともなる存在です。バレエやジャズダンスで身につけたことを応用していけば、ストリートダンス、ヒップホップ、ロック、タップといった要素もスムーズに取り入れやすくなり、さまざまなジャンルのダンススキルを高めることにもつながります。

 

だからこそ、テーマパークダンサーとしてデビューするまでに、バレエやジャズダンスをしっかりと身につけておくことが大切なのです。この部分がおろそかだと、応用もままならないでしょう。

 

バレエとジャズダンスをしっかりと身につけた上で幅広いジャンルのダンススキルも身につけることができれば、テーマパークダンサーとしての需要はぐんと高まります。そしてダンスの機会が増えることでそのスキルがさらに深まる、という好循環も生まれやすくなるでしょう。

 

 

3. 仕事のなかで魅力的な笑顔が自然と身についてくる

 

テーマパークダンサーは、単にダンスの上手さだけを求められるのではなく、表情の素晴らしさも求められます。テーマパークダンサーが魅力的な笑顔で踊っているからこそ、観客にもその素晴らしさが伝わる部分があるからこそ、笑顔でダンスをこなすことはとても大切なのです。

 

仕事の場=テーマパークダンスで常に笑顔の状態でダンスをすることを求め続けられるからこそ、テーマパークダンサーとして働けば働くほど、笑顔でダンスをする機会も増え、魅力的な笑顔が自然と身についてきます。

 

 

・テーマパークダンサーは楽ではないけれど大きなやりがいがある仕事!

 

テーマパークダンサーの仕事はダンススキルや自己管理能力などが高い水準で求められるため、決して楽な仕事ではありません。しかし、そのぶん魅力的なやりがいがあります。こうしたやりがいをしっかりと得られるようにするためには、テーマパークダンサーとしてやっていけるだけの技術と知識、そして意識を身につけておくことが大切です。

 

テーマパークダンサー志望者向けの総合的なカリキュラムが用意されたスクールなどでしっかり学んでおけば、こうしたやりがいを得られる可能性もぐっと高まるでしょう。

postImg