play_arrowTOKYO STEPS ARTS
オフィシャルサイト
テーマパークダンサー|ダンス専門学校【TOKYO STEPS ARTS】 > ブログ > テーマパークダンサーの収入の実態と十分な収入を得るための2つの極意

テーマパークダンサーの収入の実態と十分な収入を得るための2つの極意

テーマパーク 華やかなダンス

テーマパークダンサーはあこがれの職業ではありますが、「十分な収入が得られるのか」というのは生活をしていく上で非常に気になるポイントです。

 

ここではテーマパークダンサーの収入の実態や、十分な収入を得るために何をしていけばいいのか、その極意についてお伝えします。

 

テーマパークダンサーの収入の多くが1ステージあたり数千円程度

 

テーマパークダンサーの収入について、まず結論から言ってしまうと「テーマパークダンサーとしての収入だけでは生活を成り立たせるのは難しい」というのが実情です。

 

たとえ超有名テーマパークであっても、バックダンサーとしてテーマパークダンスをこなすのであれば、1ステージあたり数千円程度、日給1万円未満の収入しか得られないケースが多いです。

 

メインダンサーとして活躍できるようになれば、1ステージあたり数万円のギャラを得ることも可能ですが、メインダンサーとして年間数多くのステージをこなせるテーマパークダンサーになれるまでにはそれなりの時間がかかります。また、誰でも毎回メインを張れるほどのテーマパークダンサーになれるわけではないというのも事実です。

 

ですから基本的には「テーマパークダンサーとしての収入だけで食べていくことは難しい」と考えておくほうがいいでしょう。

 

テーマパークダンサーが十分な収入を得るための極意は他の仕事とスキルアップ

 

というわけで、テーマパークダンサーは、テーマパークダンスをこなすだけでは、特に新人のうちは十分な収入を得ることがきわめて難しい状態であると言えます。

 

そんなテーマパークダンサーが十分な収入を得るための極意としては、

 

  • ●他の仕事をして収入を得る
  • ●テーマパークダンサーとして成長するためにスキルアップをする

 

という2点が挙げられます。

 

では、この2点についてそれぞれ説明していきましょう。

 

他の仕事をして収入を得る

ダンス インストラクター

 

テーマパークダンサーが収入を増やしたいと思うなら、まずおすすめしたいのは「テーマパークダンサーとしての仕事だけでなく、他の仕事もこなしてそこで収入を得る」という方法です。

 

たとえば専門学校などでダンスについて幅広く学んできた人であれば、テーマパークダンスだけでなくミュージカルダンスや、場合によってはストリートダンスなどもできるでしょうから、そうした「他のジャンルでのダンサー活動」もどんどんこなし、収入アップにつなげていくという方法があります。

 

また、タレント・アーティストのバックダンサーとして使ってもらえるチャンスがあれば、それをどんどん活用するのもいい手です。特に、タレントやアーティストも抱えている芸能事務所に所属しているテーマパークダンサーにとって、この方法は狙い目ですよ。

 

他の収入アップ手段としては「スクールなどでインストラクター・講師としてダンスを教える」というのも挙げられます。

 

新人の頃にいきなりインストラクターや講師としての仕事を見つけるのは難しい部分もあるでしょうが、アシスタントインストラクターやアシスタント講師といった求人は意外と多くありますので、まずはそこからスタートしてみるといいでしょう。

 

要は「ダンスに関する仕事を他にも増やして収入アップにつなげる」ということです。もちろん、ダンスとはまったく関係のない副業を持つという手段もないわけではありませんが、これをやってしまうと、その副業をやっている間は一切ダンスの世界に触れなくなってしまいます。後述する「テーマパークダンサーとして成長するためのスキルアップ」が困難になってしまうというデメリットがあるため、おすすめできません。

 

テーマパークダンサーとして成長するためにスキルアップをする

 

テーマパークダンサーとして十分な収入を得るためには、他の仕事をどんどんこなし、そこからも収入を得るということが非常に大切ですが、やはり最終的には「テーマパークダンサーとしての仕事だけで十分やっていける」という状態になることを目指したいものです

 

そのために大切なことは、自分自身がテーマパークダンサーとして成長するためのスキルアップの努力を欠かさないことです。

 

他の仕事をするにしても、ダンスと関係ない仕事を選んでしまっては、その時間ダンスから離れてしまう分スキルアップが困難となります。できるだけダンスに関係した仕事を選ぶようにしましょう。

 

また、年齢を重ねても長くテーマパークダンサーを続けられる人の多くは「その人にしかない強みや個性」を持っていることが多いので、「技術だけでなく自分ならではの強みや個性の部分を見つけて磨いていく」ということも大切です。

 

テーマパークスタッフやゲストの声などから「自分のどこがいいと思われているのか」が感じられるものがあれば積極的にそれを拾ってどんどん伸ばしていきましょう。

 

今の収入アップと将来の収入アップの両方を視野に入れよう

 

特に新人のうちは、テーマパークダンサーとしての仕事だけで十分な収入を得ることはきわめて困難です。

 

ですからまずはダンス関連の別の仕事もこなすことで収入を増やすことを意識し、さらに将来の安定した収入アップのために、テーマパークダンサーとしてのスキルアップも目指していきましょう。

 

postImg