play_arrowTOKYO STEPS ARTS
オフィシャルサイト
テーマパークダンサー|ダンス専門学校【TOKYO STEPS ARTS】 > ブログ > テーマパークダンサーのやりがい

テーマパークダンサーのやりがい

テーマパークを盛り上げ、感動に彩りを加えるテーマパークダンサーは、子どもたちの憧れの職業です。そして、多くのテーマパークダンサーが「子どもの頃からの夢だった」と話しています。

テーマパークに遊びに行っていた頃は感動する側でしたが、テーマパークダンサーはショーを盛り上げる側になります。大勢のゲストが喜ぶ顔や子どもたちのキラキラした目、「楽しかったよ」と言われる充実感は何物にも代えられないハズです。

ゲストが楽しんでいるのを見かけたら、こちらまで嬉しくなってしまいますよね。ゲストに対する「おもてなし」がやりがいになる――。テーマパークダンサーはとても魅力的でやりがいのある職業です。

 

【テーマパークダンサーのオーディションは厳しい】

しかし、テーマパークダンサーへの道は厳しく、狭き門なのは言うまでもありません。オーディションも3次審査まであるところも珍しくありません。

言うまでもなく、テーマパークのオーディションは一発勝負です。ダンステクニックのレベルが高いのは当たり前で、笑顔や表情の良さも審査対象となります。テーマパークダンサーのオーディションに来る人たちは、ダンスが上手で当たり前というレベルだと思ってください。テーマパークダンサーには、豊富なダンスの技術と知識、笑顔、表現力、協調性――が求められ、それらがテーマパークのオーディションで判断されます。

独学ではテーマパークのオーディションを突破できるほどのテクニックや表現力を身に付けることは難しいです。さらにオーディションは舞台度胸も試されます。

ダンス専門学校やダンススクールに通っていれば、発表会や日々のレッスンなどでダンスを披露する場があり、鍛えることができますが、独学では限界があります。

テーマパークでの舞台度胸は、テクニックや表現力を引き出すために絶対に必要な要素です。どんなに素晴らしい才能を持っていても緊張して引き出せなければ意味がありません。テーマパークのショーやパレードは毎日が本番です。ダンス専門学校やダンススクールはテクニックや表現力のほか、舞台度胸を鍛える場として有効です。

 

東京・高田馬場駅から徒歩1分にあるダンス専門学校・ダンススクールTOKYO STEPS ARTS(全日制)では、2003年の開校から14年連続で東関東大手テーマパークにテーマパークダンサー合格者を輩出していて、近年人気の関西大手テーマパークを含めた全国のテーマパークで多くの卒業生たちが活躍中です。この実績は他の2年制の専門学校とは比べものにならない群を抜く合格実績で、本学院の実力を十分示す結果となっています。詳細は、テーマパークダンサーになりたい!かステージダンス総合クラス(https://stepsarts.com/course/dance/general_stage)かテーマパークダンサー養成クラス(https://stepsarts.com/course/dance/themepark)をご覧ください。

 

また、7,980円受け放題が魅力のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTS(平日夜間&土日オープンクラス)にはダンスが初めての方でも安心の入門クラスが用意されていて、テーマパーククラスも多くあります。TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみてください。体験レッスンも毎日行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

postImg