play_arrowTOKYO STEPS ARTS
オフィシャルサイト
テーマパークダンサー|ダンス専門学校【TOKYO STEPS ARTS】 > ブログ > ディズニー・テーマパークダンサーにおけるオーディション条件

ディズニー・テーマパークダンサーにおけるオーディション条件

東京ディズニーリゾート(東京ディズニーランド/東京ディズニーシー)では「テーマパークダンサー」を「エンターテイナー」と呼びます。これはダンスを目的とせず、人を楽しませることを目的としているためです。東京ディズニーリゾートでは、定期的にエンターテイナーのオーディションを行っています。また、追加募集を行うこともあります。

 

【最低限の条件が揃っていれば誰でも受けられる】

東京ディズニーリゾートは、ゲストだけでなく「キャストになりたい」と応募してくれる方に対しても出来るだけ多く面談の機会を設けています。それは、せっかく応募してくれた気持ちに応えるため、一人でも多くの人と出会うためでもあり「夢がかなう場所」というディズニーリゾートの精神でもあるからです。そのため、年齢など必要最低限の条件さえ満たしていればチャンスは十分にあります。

もしかしたら、東京ディズニーリゾート側が求めている身長やプロポーションがあると思いますが、それに当てはまらなくても、ダンスや表現力に秀でていれば必ず採用されるハズです。

手足が長い方はダイナミックな動き、化粧映えする顔であればステージの雰囲気をより演出しやすくなることをアピールしましょう。オーディションでは、自分の個性を最大限に活かせられるかがポイントになります。

 

 

【追加オーディションの方が条件は厳しい】

ディズニーランド(ディズニーシー)では、ごく稀に追加オーディションを行うことがあります。追加オーディションは定期オーディションよりも条件が厳しく、身体条件で選考外になることもあります。実際に行われた、2014年の追加オーディションでは、身長制限が設けられていました。追加オーディションは欠員やピンポイントのポジション(役割)を求めて行われているので、応募要項が厳しくなるのが一般的です。追加オーディションの要項に自分が当てはまっていたら、絶好のチャンスですので応募してみるべきです。

 

TOKYO STEPS ARTSは多くのテーマパークダンサーを輩出しています。私たちにも是非、夢のお手伝いをさせてください。

高田馬場にあるダンス専門学校のTOKYO STEPS ARTSでは「テーマパークダンサーになりたい」という夢を持って頑張る方を応援します。2003年の開校から14年連続で東関東大手テーマパークにテーマパークダンサー合格者を輩出していて、近年人気の関西大手テーマパークを含めた全国のテーマパークで多くの卒業生たちが活躍中です。この実績は他の2年制の専門学校とは比べものにならない群を抜く合格実績で、本学院の実力を十分示す結果となっています。詳細は、テーマパークダンサーになりたい!かステージダンス総合クラス(https://stepsarts.com/course/dance/general_stage)かテーマパークダンサー養成クラス(https://stepsarts.com/course/dance/themepark)をご覧ください。

 

また、7,980円受け放題が魅力のダンススクール、ダンススタジオ、TOKYO STEPS ARTS(平日夜間&土日オープンクラス)にはダンスが初めての方でも安心の入門クラスが用意されていて、テーマパーククラスも多くあります。TOKYO STEPS ARTSでダンスを楽しんでみてください。体験レッスンも毎日行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

postImg