play_arrowTOKYO STEPS ARTS
オフィシャルサイト
テーマパークダンサー|ダンス専門学校【TOKYO STEPS ARTS】 > テーマパークダンサーとは

テーマパークダンサーとはAbout Themepark dancer

テーマパークダンサーの概要

テーマパークに存在するアトラクションやパビリオンで、ダンスによって観客を楽しませるのがテーマパークダンサーです。様々なキャラクターに扮してダンスを披露します。他のダンサーとのチームワークを含めて、優れた技術が求められます。また、テーマパークを訪れる小さな子供から大人まで、すべての人々に対するサービス精神も大切です。

テーマパークダンサー

テーマパークダンサーとして活躍するためには、しっかりとしたダンスの技術はもちろんのこと、振付師の指示に従って完璧に踊ることを求められ、様々なジャンルのダンスに精通していることが不可欠です。オリジナリティーや表現力、発想力も必要となります。

テーマパークダンサーへの道

テーマパークダンサーへの道

まずは全てのダンスの基礎となるバレエを習うことをお勧めします。 ターンやジャンプなどの軸の取り方、筋肉・身体の使い方などの動きは全てバレエが基礎になります。 テーマパークダンサーのオーディションでも必須科目にバレエがあります。 プロとしては他のダンサーとのチームワークを含めて、優れた技術と厳しい 自己管理を求められます。でも、忘れてはならないのが、テーマパークを訪れた人々に対するサービス精神。お客さんの最高の笑顔はあなたの最高のダンスによって生まれます。

ミュージカルクラス

ミュージカルを専門とした劇団などに所属し、演技、歌、ダンスの3分野において、総合的に訓練を積み、技能を身につけるます。ときにはミュージカル映画に出演することもあり、演技力に加え、運動能力やリズム感、歌唱力など、多彩な才能とバランス感覚が求められます。

ミュージカルクラス
ダンサー画像 ダンサー画像

テーマパークの質問コーナー

●テーマパークダンサーになるには? 毎年夏~秋に行われるオーディションを受けて合格すればなれます。ダンスの実技審査と面接があります。 関東大手テーマパーク募集からデビューまでの流れ(一例)

★募集告知★
HPに来年度の募集告知がされます。

★書類審査★
規定の応募書類にプロフィールと宣材写真を入れて郵送します。
宣材写真はとても重要ポイントです!

★1次実技試験★
①クロスフロア―審査(書類審査通過者が集められダンス審査が行われます。)
クロスフロア―審査が行われます。通過者のみ次の審査に進みます。
②振り審査
クロスフロア―審査合格者は次に、振り落としがありダンス実技審査が行われます。
後日郵送にて合否通知結果が届きます。

★2次実技審査★
1次審査同様に、振り落としがありダンス実技審査が行われます。難易度は1次よりあがります。後日郵送にて合否通知結果が届きます。

★面接★
実技審査合格者は面接試験を行います。社会性、エンターテイナーとしての心得が問われます。

★合格通知★
郵送にて合否通知結果が届きます。

★リハーサル★
デビューにむけてリハーサル練習期間があります。

★テーマパークデビュー★
待ちに待ったテーマパークデビューです!!

●ダンスのジャンルはどんなものですか? 基本的にはジャズとバレエがベースになります。それに加えて、手や顔の表情の作り方やテーマパークダンスならではの表現力(笑顔)があります。

●雇用形態はどんなですか?(一部テーマパークの例) 基本的にはシフト制です。最初のオーディションで、固定のステージで行われる“レギュラーショー”と、季節ごとの“パレードショー”のダンサーに振り分けられます。パレードは季節ごとに色んなショーを踊りますが、レギュラーは1年間、1つのショーしか踊りません。

●パフォーマンスの際はどういうコトが大事ですか? 常に安定したパフォーマンスが求めれらます。テーマパークに来たお客様を“おもてなしする”という姿勢や表情も大事です!また毎日が本番なので、体調管理とモチベーションキープが重要です。体力も必要になり、毎回同じ気持ち、パフォーマンスすることが大事です。

ダンサー集合写真