play_arrowTOKYO STEPS ARTS
オフィシャルサイト
テーマパークダンサー|ダンス専門学校【TOKYO STEPS ARTS】 > ブログ > ダンスの振り付けを揃える4つのコツで完璧なシンクロを成功させる方法

ダンスの振り付けを揃える4つのコツで完璧なシンクロを成功させる方法

ダンス 振り付け

一人で踊るダンスではなく、ペア、または大人数で踊るダンスは、動きがシンクロしていることが求められます。特に大人数の場合は呼吸がピッタリあった、揃っているダンスを見て美しいと感じるのです。動きがバラバラだったり、円など形を作る必要があるのに位置がずれていると美しく見えません。

 

ペアにしてもそれぞれの技術を見せるパートではなく、一緒に同じ動きをするパートでお互いの動きがバラバラでは見ている方も気持ちよくありません。鏡に映った状態のようにシンクロしていることでかっこいい、「すごいダンス」になるのです。

 

今回は、踊っている全員の呼吸とリズム、ステップがピッタリあったダンスをするためのコツを4つに分けてご紹介します。

 

1.最初は遅いリズムで全員のダンスをあわせる

 

大人数のダンスを見てかっこいいと感じる時には、立ち位置の幅が一定でダンスの動きもピタッとそろっています。例えダンスが上手とされている人でも、他の人とずれた動きになっていると見ている方も感動しないのです。

 

リズムをしっかり合わせるために、ダンス初心者の方はリズム取りから始めるといいでしょう。メトロノームでも誰かが手拍子してリズムを取ってもいいので、一定のリズムで同じ歩幅のサイドステップなど簡単なステップでリズムを叩きこみます。

 

遅いリズムでも早いリズムでもずれることがなくなってから、ステップなどを覚えるようにするとシンクロの動きにもついていけるようになります。

 

2.振り付けを各個人がしっかり覚える

 

全員の動きが揃う前に、振り付けを覚えていないようでは困ります。うろ覚えの振り付けで練習に参加しても、振り付けを覚えている人と比較して「ズレ」が出てくるので揃った動きにならないのです。

 

振り付けは個人でしっかり覚えるしかありません。わからないところや難しいステップはダンス上級者の方に力を貸してもらいながらできるようにしましょう。大人数で踊る時にはコミュニケーションも必須です。お互いにお互いを助け合う中で協調性も出てきます。

 

3.フォーメーションを覚えて移動のタイミングを揃える

 

振り付けをそれぞれが覚えてリズムよく動けるようになったら、ダンスの中のフォーメーションを練習します。このタイミングでこの形になる、このタイミングであなたはこっちに、別のあなたはそっちに移動…というフォーメーションを覚えてグループの形を変えていく練習です。

 

移動のタイミングを揃えるためには、メンバーが同じリズムでステップをしていなければなりません。ステップの練習の時、各個人のリズムではなく「全員が同じリズムでステップを踏む練習」が必要です。例えば円になってお互いのダンスを確かめながら全員で一定のリズムをとる練習をして、その中で動く場面を想定し「この音で一歩」とタイミングをつかめるようにしていくといいでしょう。

 

4.周りの動きに合わせるために「鏡」を使って練習する

 

鏡がないところで練習していると、客観的にどんなダンスになっているのか、形がきれいに整っているかどうかを見ることができません。

 

毎回スタジオで練習するというのも費用的な問題もあり難しいかもしれませんが、全体練習の際、何度かは鏡で全体像を確認できるスタジオで練習できるように努力しましょう。それが無理ということなら、少し離れた位置からメンバー全員を代表者がみるようにして、立ち位置、フォーメーションのずれなどを確認します。

 

ダンススクールで指導を受けることで得られる技術・協調性

 

独学でダンスレッスンをしている場合、単独のステップなど技術のレベルアップは可能です。しかし大勢の中で踊るということはどこかのグループに所属したり、ダンススクールに所属しなければできません。

 

ダンスは一人で踊ることもありますが、大人数で踊ることが多いため、お互いに揃った動きを練習することも必要です。ダンススクールなどで指導を受けることで、ダンスの中でフォーメーションを変える動きなどを学び、人と一緒に踊る際の協調性を養うこともできます。

 

独学で学ぶ部分では壁もあるので、やはり一度基礎をしっかり身に着けるという意味も込めてダンススクールなどダンス指導を受けられるところで勉強する方がいいでしょう。

 

大人数のダンスでシンクロの気持ちいいダンスを魅せよう!

 

単独で踊り技術を魅せるというのもダンスの魅力となりますが、大人数で揃った動きができシンクロのダンスが成功すると一人で踊る時には得られない感動があります。

 

見ている方も同じで、全員が揃ったバシッと揃ったダンスを魅せてくれると驚きと感動が得られます。振り付けがピタッとそろったシンクロダンスができるようになれば、活躍の場も広がりダンスのスキルも各段にあがるでしょう。

 

postImg