play_arrowTOKYO STEPS ARTS
オフィシャルサイト
テーマパークダンサー|ダンス専門学校【TOKYO STEPS ARTS】 > ブログ > ミュージカル役者の収入相場をその他の役者と比較して紹介

ミュージカル役者の収入相場をその他の役者と比較して紹介

ミュージカル

ミュージカル役者を目指す上で、いろいろな役を演じられる俳優になる、有名になってたくさん舞台に出るなど人それぞれ目標があることでしょう。それに加えて重要なのが収入を得ることです。収入がなければ演技の勉強も続けられませんし、なにより生活ができなくなってしまいます。

 

そこで今回は、ミュージカル役者だけではなくあらゆる分野の役者の収入相場をご紹介するので、現実をしっかり見据えておきましょう。

 

役者のフィールドによって異なる収入相場

 

ミュージカル役者を含む芸能人の収入相場は、知名度や才能、人気によって変わるため一概には言えないのですが、一般的な役者の収入相場はある程度決まっています。ただし、役者という同じカテゴリであっても、収入相場はフィールドによって違うので、各役者の相場をみていきましょう。

 

ミュージカル役者の収入相場は月30万円・年収350万円ほど

 

ミュージカル役者の収入相場は、月に30万円、年収は350万円ほどとなっています。

 

ミュージカルの場合、1つの舞台に出演する度に出演料が変わるので、月収は安定していません。また、ミュージカルの人気や観客動員数も関わってくるため、毎回決まったギャランティが支払われるわけでもありませんから、新人のミュージカル役者は収入相場よりもかなり低い収入となります。

 

映画俳優の収入相場は1つの映画出演で約500万円

 

ハリウッドの映画スターの報酬はトップクラスになると1回の映画出演で数十億という場合もありますが、日本の映画俳優の収入相場は、1つの映画出演で約500万円と言われています。映画のギャラは、リハーサルからクランクイン、クランクアップまでトータルで支払われるのが一般的です。

 

ドラマ俳優の収入相場は人気俳優で1話300万円・脇役で20万円ほど

 

ドラマは一般的に3ヵ月10回の放送でワンクールとなっていますが、ドラマ俳優は、映画俳優と違い1話ごとにギャラが発生します。有名俳優や人気俳優になると、1話放送分で300万円程度が平均収入となりますが、脇役の場合は大きく下がって20万円ほどが相場となるようです。

 

小劇場役者の収入相場は月給制 大きな劇団ならサラリーマンの初任給と同程度

 

小劇場の役者は、劇団の専属劇団員になっているのが一般的です。そのため、1回のステージでギャラが支払われるスタイルではなく、会社員と同じように月給制となっています。

 

大きな劇団であれば、新人であってもサラリーマンの初任給と同等のお給料がもらえるようですが、小劇団の場合は高校生のアルバイトと同じぐらいの収入が相場となるようです。

 

プロのミュージカル役者になるための方法は大きく分けて3種類

華々しい舞台

 

ミュージカル役者になる方法には、大きく分けて次の3つがあります。

 

  • ●専門学校で学ぶ
  • ●養成所に入る
  • ●独学で目指す

 

大学の演劇学科や演劇に特化した専門学校であれば、学校で授業を受けるのと同じ感覚でミュージカル役者を目指せます。ただし、卒業すれば確実にミュージカル役者になれるというわけではありません。

 

養成所は劇団が主宰していることも多く、プロのレッスンを受けられるのが魅力です。劇団主宰であれば、卒業した後は劇団に残ってミュージカル役者としての実績を積むこともできますが、養成所に入るにはオーディションがあり、倍率も高いので相当な演技力や才能が必要となります。

 

独学で目指す場合は、自分で演技を勉強しながらオーディションを受けるというのがスタンダードなステップです。ただし、オーディションにはセミプロやタレントなども参加するため、プロとしてデビューするには相当な運と時間が求められます。

 

本気でミュージカル役者を目指すならダンススクールがベスト

 

養成所は狭き門、独学は運次第となりますが、ダンススクールに入学すればミュージカル役者への道が開けます。なぜなら、ダンススクールの中にはミュージカルスクールを設けているところもあり、演技やミュージカルに必要なダンスもしっかり教えてもらえるからです。

 

また、ダンサーをMVや映画などに送り出していることから業界のコネクションもあるため、卒業後はもちろん在学中でもミュージカルに出演できるチャンスがあります。

 

入学には資格も経験も学力も関係ないので、今すぐミュージカル役者になるための一歩を踏み出したいという方は、ダンススクールに入学するのが正解です。

 

きちんと収入が得られるミュージカル役者になるにはスクール入学が近道

 

ミュージカル役者は、それだけで生活できるレベルの収入を得るのが非常に難しい職業です。もちろん、一度有名になってしまえば収入も大幅にアップしますが、それまでの過程は何のコネクションもないとかなり険しいでしょう。

 

こういった実情を加味して考えると、収入がきちんと得られるミュージカル役者になるには、ミュージカルを学べるダンススクールに入るのが一番の近道です。本格的な演技指導が受けられますし、何といっても業界にコネクションがあるのがメリットです。本気でミュージカル役者を目指す方は、ダンススクールへの入学も検討してみましょう。

 

postImg